英語は早期教育が重要

我が家は2人の娘がいます。私立から大学まで一貫の学校教育を選びました。しかし、受験がない分、とにかく英語だけはしっかりできるようになてっておけと口をすっぱくして話している次第です。もちろん、本人たちも将来的には海外留学、特にアメリカに留学に行きたいという思いがあるからです。実際に学校側も英語教育には非常に力を入れていて、ネイティブの先生の授業も週に1回は設定されています。何よりも重要なのはこのネイティブの先生とのコミュニケーションだといわれていて、驚くことに単語を覚えたり、文法の勉強は極力自分自身で頑張りなさいというくらいの力の入れようです。それでも子供たちはこうした机上の勉強よりもネイティブの先生とのコミュニケーションでいろいろなことを学ぶことができて非常に喜んでいます。もちろん、中学で習う基本的な英語は需要なことはいうまでもありません。不思議と発音もネイティブの先生仕込みで早いタイミングから練習してるのでそれらしいものになっています。